ブランド蟹にも数多くの種類(時には新しく発見されることもあるようです)がありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。蟹の中でも随一の旨味や甘み、そして繊細な風味を持っています。ひとたび味わえば、それ以外の蟹には目もくれなくなると思います。

越前ガニや松葉ガニなど、ズワイガニは産地によって種類(時には新しく発見されることもあるようです)が複数ありますが、脚に付いているタグによってそれを確認することができます。

タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。ズワイガニに限らず、ブランド蟹の購入時にはタグを確認するのをクセにして頂戴。
美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、店先で入手したり、通販で取り寄せたりするのが普通だと思いますが、これらの方法以外にも、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。

絶品の蟹がウリの温泉地もあるからです。ですから、蟹が獲れる場所に近い温泉地に行けば、旬の時期には温泉だけでなく蟹の味覚も楽しめることと思います。

そうは言っても、温泉であればシーズンは関係ありませんが、美味しい蟹は常に食べられるというというワケではないのできちんといい時期を狙って行きましょう。

蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは年中いつでも獲っていいものではなく、省令によって解禁日が決められています。

海の生態系のバランスなどを守るため、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、その日になるまでは蟹漁をしないという規制がなされています。

旬の蟹をタイムリーに味わおうと思えば、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことが大事だとおぼえておきましょう。
かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。ゆで汁に塩を入れるのが第一のコツです。

かににも海水の塩分がついていますので、塩が入っているくらいがベストです。

大きいかにが手に入って、鍋からはみ出すようなら、思い切って、甲羅と脚はお別れさせ鍋からはみ出さないように茹でた方が良いです。

そして、茹でる前に全体の汚れを落とすと食べるときに楽ですよ。この時期、ご家族や親戚、お世話になった知人の方などに、蟹をお歳暮で贈りたいという需要も増えてきたのではないでしょうか。

しかし、考えなしに送るのは危険です。
蟹は鮮度が第一です。
鮮度が悪いと美味しさも損なわれてしまいますし、新鮮でない蟹を食べるとオナカを下すことだってありえます。

危険回避の観点からも、通販では信用できる業者を吟味して選ぶようにしましょう。
また、相手のことを考えれば、相手が在宅していそうな時間を指定して送ることも忘れてはなりません。通販で買ったかにを食べるとき、注意してほしいのです。

安く大量に買うと、危険なことがあるのです。
毛蟹を通販で大量注文し、彼女と二人で、喋る間もなく食べているとだんだん寒気を感じました。それでも辞められません。

最後まで食べようとしていたら、しまいには歯の根が合わないくらい震えてしまいました。通販ではおいしくて安いかにがたくさん買えますが、かには身体を冷やすことがあります。

おいしく食べられる量を調理しましょう。

かに通販だと、新鮮なものが届くかどうか気になりますよね。
昔の評判では、かに通販だとどうも鮮度が、といわれるばかりでした。

今の通販で買ったかにを見て頂戴。

産地で加工した品をその通り宅配できるようになって、通販でも市場で買って送るのと全く変わらないおいしい新鮮なかにを味わえるようになりました。通販は 顔が見えない、品物を手にとって選べない取引なので、必ずしもおいしくて新鮮なかにを届けてくれるとは限りませんから、お店を選ぶのはとても大事なことで す。
カタログ、テレビ、ネットを合わせ、かに通販はすばらしいの一言に尽きます。かに通販に始めて挑戦する方は判断基準がよくわからないので実際に店舗で買う以上の困難に突き当たるでしょう。
今は通販の人気ランキングも充実していますので、時間と手間の節約になります。
皆様が太鼓判を押すようなかには多くの人気ランキングで、確実に上位に選出されています。

当然です。
ズガニという蟹を知っていますか。

この蟹の正式名称はモクズガニです。モクズガニというと聞いたことがある人は少なくないでしょう。
この蟹は河川で生息しており、特色は鋏に生えた毛です。

そして、甲羅が手のひらの大きさより一回り小さいほど小ぶりなのですが、それにしては脚の方に着目すると、長いことが特色です。専らお味噌汁や炊き込みご 飯として、数多くの人に愛されています。名前からして美味しそうな花咲がにはどのようなかにかというと、根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにに見えます が、かにの仲間が真実で、ヤドカリだとおぼえておきましょう。

実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いので市場ではかにといっしょにして全く問題はありません。身は引き締まって濃い味わい、産地が限られて漁獲量も少ないので一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。